カテゴリ: CircleMap

去年の冬には間に合わなかったiPad用アプリ"CircleMap"がリリースしましたので紹介になります。


コミケWebカタログやカタロムでの地図印刷機能では満足できず
ここ数年は白地図に手書きで線を引きサークル名を書いてたのですが
3日分で150サークル以上チェックしてると手書きはとてもしんどい(´・ω・`)

このアプリはそんな自分が満足できるコミケ地図を作れるアプリが欲しいと思いつくりました。

アプリを作るときに重要視したのは
  • スペースとサークルカットをつなげる線がごちゃごちゃしない
  • 作った地図を印刷してコミケに持っていける
の2点になります。


■アプリ概要
アプリ起動画面。起動したら即地図を表示します。
IMG_0200


サークルカットはドラッグで好きな位置に移動できます。
waik_page_3
地図画像も中央下の”地図”ボタンを押すと
ドラッグと拡大縮小ができるようになるので思い通りのレイアウトで作れるとおもいます。
IMG_0214


また東1ホール、東5ホールだけの地図をつくりたいニーズにも対応。
1ホールにサークルが集中してるときに重宝します。
IMG_0201


もちろん縦表示も可能!
西ホールは縦長の形をしてるので縦表示のほうが見やすいですよね。
IMG_0202


■ファイル保存
CircleMapでは作った地図を画像ファイルに保存できます。
保存した画像ファイルはPCできれいに印刷できる解像度になっていますので
紙の地図でコミケを回りたいという人にオススメします。

コミケ会場でiPadを開くより紙の地図をサッとだすほうが手早いですし
iPadを落とす心配も無いので自分は紙派です。


試しに作成した地図の画像が下になります(解像度はブログ用に下げています)
これは以前のコミケのガチチェックリストをCircleMapで地図にしたものです。

20141127163711

こちらはカタロムで同じチェックリストで作成した地図になります。
上の地図と比べると線がごちゃごちゃして見づらいですね。
BMPOUT001

少しでも早く目当てのサークルに移動したいってときに
スペースを探そうにもサークルカットから線を追うのに時間がかかって
何度会場でイライラしたことかw


■その他
CircleMapではコミケの地図作成に特化していますが
もちろんサークルのチェックもできます。

コミケWebカタログやカタロムとのチェックリストの共有もできるので
CircleCheckでカタログチェックをして、最後にCircleMapで地図を作成ということもできます。

他にも機能がありますのでそれらの補足記事はあとで作ります。


 今までにない地図特化のコミケアプリになります。
よかったらぜひ使ってみてください。

質問などありましたら@k_sat_c宛に投げてください。
それでは〜 

コミケ前のサークルチェックのためにCircleCheckを作りましたが

次はコミケで使う地図を作るアプリを作っています! 

コミケ会場の地図はDVDカタログやWebカタログから印刷できますが、
これが見づらい
なので、白地図に手書きでサークル名を書いたりしましたが、
サークルが50とか超えると手書きもめんどくさい・・・

もっと見やすい地図を手軽に欲しいという俺の要望に答えるために
CircleMapを作りました。

今回は操作性の都合上iPadアプリになります。


メイン画面
 IMG_0147

サンプルだとサークルカットとブロック情報だけですが、
サークル情報の表示形式は複数用意してます。

地図も東1ホールのみの地図も選択できます。

また、サークルや地図はドラッグで移動できるので、自由に配置できます。
さらに、隣接するサークルにピタっとくっつくので、複数のサークルを綺麗に配置できます。
waik_page_3

さらに、この地図を画像保存すれば
印刷してコミケに持って行ける!!(ここ大事
コミケ会場でiPadを使ってる人も見かけますが、混雑してる会場では紙のほうが取り回しいいからね!

画像はちゃんときれいに印刷できる解像度で保存するようにしています(ここも大事)
アプリからメールで送ったり、DropBoxへの保存も出来ます。


サークルのチェックリストはWebカタログから同期もできますし、CSVファイルからも取り込めます。
もちろんCircleMapでもサークルのチェックはできます。


試しに、前回の夏コミでの自分の(ガチ)チェックリストをDVDカタログで印刷したものと、同じサークルでCircleMapで作ったものとを比較

 ※DVDカタログ
BMPOUT001
※ CircleMap
20141127163711
DVDカタログだと複数の線が重なり過ぎて、どこがどのサークルかものすごくわかりづらくなっています。
CircleMapでは自由にサークルを配置できるので
すっきりした見やすい地図になります



実はCircleMapはもう開発を終えて、
あとはCircle.msにWebカタログAPIの本番環境への接続情報をもらうだけなんです。

だけどCircle.msから1週間くらい待っても連絡がこない。。。
催促のメールも一度したのですが、もう一度したほうがいいかな
コミケまで1ヶ月切ってるしアップルの審査期間もあるし

ちなみに前回作ったCircleChartはこのアプリを作るための練習台でしたw
今回はじめてswiftでアプリ作ったので、慣れない言語なのとCircleCheckのソースを丸コピできなずかなり手間かかってますw

一段落したら、swiftの記事とか書こう
あと、宣伝用にTwitterアカウントを作ってみるか 

↑このページのトップヘ